小児の便秘の種類とは?

一言で小児便秘と言っても、様々な種類があります。
その子供によって、症状も違えば、うんちの状態や原因も違います。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

様々な小児の便秘について解説しますので、参考にしてください。


小児だけに限りませんが、便秘には大きく分けて器質性便秘機能性便秘に分けられます。


器質性便秘とは、炎症や腫瘍、狭窄、癒着など、腸になんらかの異常が起こった場合に、便の通り道が狭くなって起こるものです。
腸の炎症や腸閉塞が原因の場合、腹痛や吐き気を伴うので、早急に受診したほうがいいでしょう。

先天性のものと後天性のものがあり、小児の便秘に多いのは、先天性のもので、生まれつき腸の蠕動運動起きにくく、便やガスが体外に排出されないことで腸管が膨らみ、巨大化する巨大結腸症があります。

巨大結腸症は、重度の便秘や慢性的な腹部の膨満感、嘔吐などの症状が起こり、便秘薬は全く効かないので、強制的に浣腸で出す必要があります。

次に機能性便秘ですが、自律神経の異常によって起こるもので、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘に分けられ、小児に多いのはこのうちの、痙攣性便秘と直腸性便秘です。

痙攣性便秘とは、ストレスや寝不足が原因です。
ストレスや寝不足に腸が反応し、腸管が痙攣を起こし便の通過を妨げることによって起こります。
便意を感じても出すことは出来きなかったり、最初の便はカチカチで出にくいのに終りごろになると軟便になったりします。
便秘と下痢を繰り返すこともあります。

直腸性便秘は、便意を我慢することによって起こります。
幼稚園や小学校などで、便をするのが恥ずかしかったり、トイレトレーニングを無理強いすると、うまく排便ができなくなることがあり、これによって直腸性便秘を起こすことがあります。


このように一言で便秘と言っても、様々な種類があり、原因も異なります。
上記に挙げた以外に症状がある場合は、病院で診てもらってください。


自分の子供の便秘の原因を何かを知り、適切な対処をしてあげましょう。

♪♪♪

乳幼児の便秘には、オリゴ糖が効果的って聞きますよね。

というわけで、我が家では家族全員で、こちら を愛用しています。

近所のママ友の間でも、「ほんと、すごいよね~」と噂しています^ ^

まだ試した事がないママさんは、こちら を一度試してみては?

この記事のタグ

サイト内関連記事

子供のためにできる最善の便秘解消法とは?
お子さんの便秘で困っていませんか? 生後間もない赤ちゃんから小学生くらいまでの子......
子供の便秘に使う薬の注意点
子供が便秘になったらあなたはどういう対処をしますか? 便秘に効く食材を取り入れる......
知って得する子供の便秘予防法とは?
子供の便秘予防法をご紹介します。 子供の便秘にだけでなく、大人の便秘にも効果があ......
要注意!成長を妨げる幼児の便秘
赤ちゃんや幼児が便秘の場合は、大人よりも注意が必要です。 便秘になることによって......
便秘を回避する離乳食の進め方
母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんも、生後5カ月ごろから離乳食が始まってきますね。......
子供は風の子で便秘知らず!?
昔から「子供は風の子、元気な子」と言われますね。 しかし、私たちが幼い頃はよく耳......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

赤ちゃん・子供の便秘に悩むママヘ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://benpi.tank.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。